コミック・オリオリスープ

講談社のモーニングで連載内の漫画「オリオリスープ」が興味深いだ♪
主人公はデザイナーのオリエ、26歳一人暮らし。
スープが大好きで、外食後で食べたり、突如会社で作ったりして楽しんでいます。
読んでいるという、甚だしくスープが食べたくなる漫画だ(笑)。
スープは食べたいと思ったら即座に焼き上げるのがいいですね。
冷蔵庫のゆとり野菜や保管用のハムなどを炒めて、水やバストを足して茹でれば出来上がり。
漫画の中で、ピークならではのスープの製法を紹介してもらえるのもうれしいです。
「キャベツは茹ですぎると臭みが出るから長くて15当たりくらいで」などと、ポイント残る申し込みもためになります。
スーパーをめぐってローリエやハトムギなどを見ると、漫画で見た製法を思い出してなんとなく買ってしまう。
紹介されている薬膳スープなど、ハードルがおっきいスープにも以前挑戦してみたいだ。
個人的には作者の綿貫芳子ちゃんの絵柄がすごい好きです。
それほど毎回のトップの、野菜といったギャルのイラストは芸が細かくてついつい嘆息が出るのです。
目や髪の叙述などがさっそくきれいなので、注目しています。
HP「モアイ」でWebも読めるので、どうしても読んでみてください♪足コキ風俗情報ならこのサイト